桑名市 桑名車検ファクトリー 「ブレーキについて」 桑名車検ファクトリー(明伸)

画像

  • HOME
  • 会社案内
  • 桑名車検ファクトリー 「ブレーキについて」

桑名車検ファクトリー 「ブレーキについて」

 ブレーキについて

桑名車検ファクトリーでは特にブレーキに力を入れています。
ブレーキに不安があると、安心して車を運転することはできませんし、何より大切な命を乗せているのにブレーキを軽視することはできません。なので、ウェブでご入庫いただくお車全てのブレーキフルードを無料で交換しております。

 ブレーキフルード交換

点検後の検査では、ブレーキテスターに乗せて制動力を測ります。
基準に達してるか、きちんと数字は出ているか、左右の違いはないかを確認して合格になります。
もちろんブレーキフルードを交換しなくてもきちんとした数字が出れば車検には合格します。
しかしそのまま次の車検まで安心して乗れますでしょうか。
車はエンジンもタイヤもハンドルも、ブレーキさえも使ううちに、劣化をします。
むしろ使用してないものでも紫外線や寒さなどで劣化するものもあります。
ブレーキフルードは水分などで劣化します。空気中の水分と結びつくことでブレーキフルードの沸点が下がり性能が落ち、最悪の場合はブレーキが「ペーパーロック現象」を引き起こし、危険な状態になりえます。
たまに上記画像のような濁った色のブレーキフルードのお車が入庫されます。何年も交換していなかったと思われます。一度ボンネットを開けて確認してみてはいかがでしょうか?

 フロントブレーキ

フロントはトラックを除くほとんどのお車はディスクブレーキです。
ディスクパッドは減ったら交換します。
画像上のパッドの左に金具が取り付けてあるのは、いわゆる警告音を出すためです。
警告音がなる前に交換されるお客様がほとんどだと思うので、あまり聞いたことがないと思います。
(もちろんついている車種、ついていない車種もあるかと思います)
では警告音に気がつかず、そのままにしておいたらどうなるか、、、。
パッドが完全になくなり、パッドがついている金属とローターの金属同士が接触するので、
かなりの金属音がします。そうなるとローター自体にも傷がつきます。
弊社ではローター研磨機を用意しております。傷ついたローターを綺麗な状態にすることができます。
またブレーキを踏んだ時に違和感を感じるような、ローターの歪みも削って補正します。
ローターは高温時に水に当たると急激に冷やされ変形します。雨の日などに水たまりに入ると、
ローターが歪む可能性がありますので、気をつけてください。

 ドラムブレーキ

上部のシリンダーが左右に広がり、ブレーキシューをドラム内側に押し付け制動力を発揮します。
こちらのシリンダーからブレーキフルードが漏れ出し、最悪の場合ブレーキシュー全体に広がり、制動力を出せなくなります。そうなると、左右ブレーキシュー交換・シリンダーカップキット交換となり、工賃も割高になります。
ブレーキフルードが漏れる原因は、このシリンダーに使用されているゴム類が劣化したり、ブレーキフルードを交換しなかった場合などがありますので、お気をつけください。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!